auひかりがエリア外の時に!au向け人気サービスBEST3はコレだ!

au向け人気サービスBEST3選(auひかりがエリア外の人へ)

auひかりがエリア外で契約できない…ということはよくありますよね。

auひかりは特殊なサービスであるため、提供エリアやマンション導入率が未だに少ないことが原因です。

しかし、安心してください。

auひかりが使えなくても、

といった特徴を持つ、3つのサービスが存在します。

当ページではそんなお得な3つのサービスを取り上げ、どれを選べばお得なのかを徹底比較した結論をお伝えしていきます。

もくじ
  1. 【au向け】人気光回線サービスBEST3選・発表!
    1. 1.【KDDIグループ】ビッグローブ光
    2. 2.【ノジマグループ】@nifty光
    3. 3.【SONYグループ】So-net光プラス
  2. 比較した結果:
    1. 3年間で毎月支払う料金の比較:
    2. 6年間で毎月支払う料金を比較した場合:
    3. 結論:
  3. 【途中解約は危険!】3社に共通する致命的なデメリットとは?
    1. 1.高額な違約金が請求される。
    2. 2.高額な工事費の残債が請求される。
    3. まとめると:

【au向け】人気光回線サービスBEST3選・発表!

auユーザーが注目する人気光回線サービスは以下の3社です。

  1. ビッグローブ光
  2. @nifty光
  3. So-net光プラス

現在は、3サービスともKDDIと提携関係にあり、auユーザーのみ割引が可能となっています。(auスマートバリューと呼ばれる割引特典)

ですので、auひかりがエリア外になったauユーザーが注目するサービスになっています。

なお、これらのサービスを運営する会社は「ビッグ3」と通信業界で言われるほど有名です。

話しかけるねっぴ先生

さっそく確認していきましょう。

1.【KDDIグループ】ビッグローブ光

  • マンション
  • 一戸建て
ビッグローブ光
契約期間 3年
月額料金 3,980円
セット割 auユーザーのみ
最大1,000円割引/月
工事費用 675円 × 40ヵ月(分割払い)
割引特典 675円割引 × 40ヵ月
キャッシュバック特典 26,000円
移転工事費 0円
ビッグローブ光
契約期間 3年
月額料金 4,980円
セット割 auユーザーのみ
最大1,000円割引/月
工事費用 750円 × 40ヵ月(分割払い)
割引特典 750円割引 × 40ヵ月
キャッシュバック特典 26,000円
移転工事費 0円

ビッグローブ光は、auひかりと同じKDDIグループが運営する光回線サービスです。

そして、今回ご紹介するビッグ3の中では最もauひかりに内容が近いサービスとなります。

大きな特徴は以下の2つです。

  • 割引特典で工事費用が実質0円になる
  • 移転工事費が無料

つまり、毎月かかるのは月額料金だけとなります。

移転工事費とは?

今後引っ越しをするとなった場合、引っ越し先に光回線を移転して利用するためには工事が必要です。

その時にかかる工事費用を、「移転工事費」と言います。

2.【ノジマグループ】@nifty光

  • マンション
  • 一戸建て
@nifty光
契約期間 3年
月額料金 3,980円
セット割 auユーザーのみ
最大1,000円割引/月
工事費用 500円 × 30ヵ月(分割払い)
割引特典 500円割引 × 40ヵ月
キャッシュバック特典 25,000円
移転工事費 0円
@nifty光
契約期間 3年
月額料金 5,200円
セット割 auユーザーのみ
最大1,000円割引/月
工事費用 600円 × 30ヵ月(分割払い)
割引特典 600円割引 × 40ヵ月
キャッシュバック特典 25,000円
移転工事費 0円

@nifty光は、家電量販店大手のノジマグループが運営するサービスです。

大きな特徴は以下の2つです。

  • 割引特典で工事費実質0円を超えるお得さがある
  • 移転工事費が無料

@nifty光の割引特典はビッグローブ光よりもお得です。

なぜなら、最終的には工事費用を上回る割引額を受けられるからです。

工事費用
の合計額
15,000円 18,000円
割引額
の合計額
– 17,640円 – 24,840円
お得! -2,640円 -6,840円

また、全体的に見ると@nifty光とビッグローブ光は非常に似たサービスだと言えます。

3.【SONYグループ】So-net光プラス

  • マンション
  • 一戸建て
So-net光プラス
契約期間 3年
月額料金 4,480円
セット割 auユーザーのみ
最大1,000円割引/月
工事費用 500円 × 48ヵ月(分割払い)
割引特典
(1~24ヵ月)
2,500 円割引
割引特典
(25~48ヵ月)
500円割引
キャッシュバック特典 なし
移転工事費 9,000円

※Wi-Fiルーターが永年無料でレンタルできます。

So-net光プラス
契約期間 3年
月額料金 5,580円
セット割 auユーザーのみ
最大1,000円割引/月
工事費用 400円 × 60ヵ月(分割払い)
割引特典
1~24ヵ月
3,000円割引
割引特典
25~60ヵ月
400円割引
キャッシュバック特典 なし
移転工事費 9,000円~24,000円

※Wi-Fiルーターが永年無料でレンタルできます。

So-net光プラスは、皆さんご存知のSONYグループが運営するサービスです。

ビッグローブ光や@nifty光とは異なる料金体系が特徴的で、初めの2年間は工事費用も含めて、

  • マンションなら、毎月1,980円
  • 一戸建てなら、毎月2,980円

といったシンプルかつ非常に安く使えるメリットを持ちます。

教えるねっぴ先生
もちろん、auユーザー限定の割引特典(auスマートバリュー)も適用できるので、さらに安くなります。

また、他の2社とは違い、Wi-Fiルーターを永年無料で貸し出してくれます。

ただし、3年目以降は割引が減少して毎月の料金が少し高くなるシステムであることも知っておく必要があるでしょう。

比較した結果:

先に結論からお伝えすると、3年の契約期間中一番安くてお得なのはSo-net光プラスです。

一方で、長期的な利用を考えているなら、

  • マンションにお住まいの人は@nifty光
  • 一戸建てにお住まいの人はビッグローブ光

といった選び方が最も良いです。

ではなぜ、そのような結果になるのかを確認していきましょう。

3年間で毎月支払う料金の比較:

教えるねっぴ先生

3年で毎月支払う料金を計算してみました。

  • マンション
  • 一戸建て
So-net光プラス @nifty光 ビッグローブ光
合計料金 107,280円 115,280円 118,280円
3年間の
実質月額料金
2,980円 3,202円 3,285円
  • 1位:So-net光プラス
  • 2位:@nifty光
  • 3位:ビッグローブ光
So-net光プラス ビッグローブ光 @nifty光
合計料金 143,280円 154,280円 158,600円
3年間の
実質月額料金
3,980円 4,285円 4,405円
  • 1位:So-net光プラス
  • 2位:ビッグローブ光
  • 3位:@nifty光

契約期間3年で見ると、So-net光プラスが一番安いです。

※ただし、途中で引っ越しがあった場合にかかる移転工事費は有料です。(9,000円)

6年間で毎月支払う料金を比較した場合:

教えるねっぴ先生

次に、長期的な利用を想定して毎月支払う実質料金を計算してみました。

  • マンション
  • 一戸建て
@nifty光 ビッグローブ光 So-net光プラス
合計料金 256,560円 261,560円 262,560円
6年間の
実質月額料金
3,563円 3,632円 3,646円
  • 1位:@nifty光
  • 2位:ビッグローブ光
  • 3位:So-net光プラス

So-net光プラスは割引特典が途中で激減するので、3位に。

一方、ビッグローブ光よりも割引特典がお得な@nifty光が1位になります。

ビッグローブ光 So-net光プラス @nifty光
合計料金 333,560円 339,360円 343,400円
6年間の
実質月額料金
4,632円 4,713円 4,769円
  • 1位:ビッグローブ光
  • 2位:So-net光プラス
  • 3位:@nifty光

一戸建てで6年間利用する場合@nifty光は3位に。

一方、So-net光プラスよりも月額料金が安いビッグローブ光が1位になります。

結論:

3社とも素晴らしいサービスで大差はありませんが、3年契約スパンの安さでみるならSo-net光プラスを選ぶべきです。

ただ、So-net光プラスはもともと月額料金が高いので、60ヶ月目で割引が終了した後は毎月の出費も他社より高くなってしまいます。

ですので、もし長期的なスパンで考えるなら、

  • マンションにお住まいの人は@nifty光
  • 一戸建てにお住まいの人はビッグローブ光

上記のように選んでください。

ビッグローブ光と@nifty光なら途中で月額料金が上がってしまうことが無いからです。

また、移転工事費用も0円となています。

移転工事費用
ビッグローブ光 0円
@nifty光 0円
So-net光プラス 9,000円

※東西を越えない移転の場合

【途中解約は危険!】3社に共通する致命的なデメリットとは?

今回ご紹介した3つのサービスは、長期にわたって利用できればauひかりと同等のお得さを誇ります。

(※auひかりも長期利用が前提のサービスです。)

しかし、もし1~2年のような短期解約してしまった場合は、

  1. 高額な違約金が請求される。
  2. 高額な工事費の残債が請求される。

といった2つのデメリットを受けてしまいます。

光回線は一見お得そうなサービスでも、裏にデメリットが潜んでいるのです。

残念そうな顔をするねっぴ先生

1~2年以内に引っ越しがあると言う人は必ず確認しておきたいデメリットです。

1.高額な違約金が請求される。

もし万が一、3年の契約期間を満たさずに解約した場合は高額な違約金が請求されます。

違約金
ビッグローブ光 20,000円
@nifty光 20,000円
So-net光プラス 20,000円

2.高額な工事費の残債が請求される。

ビッグローブ光、@nifty光、So-net光プラスの工事費用はもとから0円ではありません。

以下の工事費用を必ず支払うことになっています。

  • マンション
  • 一戸建て
工事費用(マンション)
ビッグローブ光 27,000円
(675円 × 40ヵ月の分割払い)
@nifty光 15,000円
(500円 × 30ヵ月の分割払い)
So-net光プラス 24,000円
(500円 × 48ヵ月の分割払い)
工事費用(一戸建て)
ビッグローブ光 30,000円
(750円 × 40ヵ月の分割払い)
@nifty光 18,000円
(600円 × 30ヵ月の分割払い)
So-net光プラス 24,000円
(400円 × 60ヵ月の分割払い)

ご覧の通り、ビッグローブ光やSo-net光プラスは工事費用が高く設定されていますよね。

これらの工事費用は継続利用をするなら割引特典が適用できて実質0円になります。

しかし、短期解約をすると同時に割引特典も終了します。

残念そうな顔をするねっぴ先生

分かりづらいと思うので、ビッグローブ光を例にご説明します。

ビッグローブ光を1年で解約する例:

ビッグローブ光を12ヶ月目で解約すると同時に割引もなくなり、工事費の残債18,900円が請求される

解約と同時に割引も終了すると、残った工事費用は自己負担になるのです。

@nifty光の工事費用は安い

@nifty光の工事費用は光回線でも一番安い金額(15,000円~18,000円)に設定されています。

そのため、万が一途中解約をしても工事費の残債によるデメリットは少なめです。

まとめると:

もし、1~2年の早期解約の可能性がある人は、ビッグローブ光とSo-net光プラスを選ぶのは危険です。

できるなら@nifty光を選びましょう。

不安な人へ

光回線サービスには、契約期間なし・違約金0円のサービスが存在します。

また皆さんは幸運なことに、縛りなしのサービスでセット割引(au)も使えます。

1~2年の利用なら、確実に安く使えるのでぜひ確認してみてください。