【いつ解約しても違約金0円】縛りなしの最安光回線ベスト3選発表!

契約期間なし、違約金0円、業界最安値|縛りなしの光回線BEST3を紹介する女性
  • 1年以内に光回線を解約するかも…。
  • 光回線の契約で2~3年も縛られたくない。
  • 引越しの予定があるから解約時にかかる違約金などのリスクは避けたい。

このように、状況によっては解約するときのリスクが高いサービスを避けたい時がありますね。

そんなときに検討すべきなのが「縛りなしの光回線」です。

当ページでは縛りなしの光回線を簡単におさらいしたあと、最もお得なサービスBEST3選を確認できるようにまとめました。

※マンションタイプに合わせて料金解説をしていますが、一戸建てにお住まいでも十分活用することができる比較です。

10秒で分かる!縛りなしの光回線とは?

縛りなしの光回線とは、契約期間がなく、いつ解約しても違約金が0円のサービスを言います。

通常、契約期間のあるサービスでは、解約時に違約金や工事費の残債が請求されて大きな負担になりがちです。

しかし、縛りなしの光回線ではそのようなデメリットを一切受けません。

また、縛りなしの光回線は月額料金が安いことでも有名です。

つまり、途中解約するかもしれない人にとってリスクをなくして安く使える光回線だと言えるでしょう。

話しかけるねっぴ先生

さっそく確認していきましょう。

縛りなしで最安の光回線BEST3選:

DTI光:縛りなし & auユーザーはお得に!

DTI光のトップページヘッダー画像
契約期間 なし(違約金0円)
月額料金 3,600円
セット割 auユーザー限定
最大1,200円割引
工事費用 15,000円
契約特典 10,000円キャッシュバック

DTI光は株式会社ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)が運営する光回線サービスです。

安い月額料金で、キャッシュバックを使えば工事費用は実質5,000円で済みます。

なお、auユーザーのみセット割引で毎月最大1,200円の割引を受けることが可能です。

話しかけるねっぴ先生

今、縛りなしの光回線で一番お得なのはDTI光です。

理由は後述します。

【enひかり】縛りなしで業界最安値の月額料金

enひかりのトップページヘッダー画像
契約期間 なし(違約金0円)
月額料金 3,300円
工事費用 15,000円
契約特典

enひかりは、株式会社縁人が運営する光回線サービスです。

月額料金が業界最安値の3,300円になっているのが一番の特徴です。

excite光:縛りなしで12ヶ月間は更に安い

excite光のトップページヘッダー画像
契約期間 なし(違約金0円)
月額料金 3,360円
工事費用 15,000円
契約特典 695円割引 × 12ヵ月

excite光はエキサイト株式会社が運営する光回線サービスです。

月額料金は業界最安クラスです。

また、現在、12ヶ月間は月額割引を適用することもできます。

エキサイト光は8月6日より月額割引特典を開始しました。期限は未定なので予告なく終了する可能性があります。

※ ちなみに、エキサイト光でIPv6(IPoE)を利用したいという人は、エキサイトMEC光になります。

縛りなしの光回線は「工事費用の安さ」を基準に選ぶと失敗しない!

縛りなしの光回線を選ぶ上で最も大切なポイントは、開通時にかかる工事費用をどれだけ安くしてもらえるかです。

なぜなら、各社ともに工事費用は15,000円の一括払いになっているからです。

サービス 工事費用
(一括払い)
excite光 15,000円
DTI光 15,000円
enひかり 15,000円

しかし、エキサイト光には工事費無料のキャンペーンがある。

サービス名 工事費用 キャンペーン
DTI光 15,000円 なし
enひかり 15,000円 なし
excite光 15,000円 工事費無料キャンペーン中

3社のうち、excite光だけが工事費無料のキャンペーンを実施しています。( 2020年11月 現在)

工事費の負担をなくすことができるexcite光は縛りなしの光回線サービス選びにおいて見逃せない存在と言えるのです。

今だけのチャンスを見逃さない!
※ キャンペーンは予告なく終了する可能性があります。
話しかけるねっぴ先生

サービス選びにこだわりがないという人は「excite光」を選んでおけば失敗することは無いでしょう。

ただし、auユーザーはDTI光を選ぶべき!

縛りなしの光回線では珍しく、DTI光ではau限定のセット割引(auセット割)を用意してくれています。

auセット割とは毎月最大1,200円の割引を永年受けることができるauユーザー限定の割引特典です。

10,000円のキャッシュバックが貰えることも考えると、auユーザーならDTI光を選ぶのが損をしないための秘訣と言えるでしょう。

教えるねっぴ先生

auユーザーはセット割引が使えるDTI光で失敗しません。

ポイント
  • 縛りなしのサービスで一番お得なのは「excite光」
  • ただし、auユーザーはセット割引の適用ができる「DTI光」がお得。

縛りなしの光回線における2つのデメリットとは?

縛りなしの光回線は月額料金が安くて違約金もかからない素晴らしいサービスです。

しかし、契約前には必ずデメリットも押さえておく必要があります。

教えるねっぴ先生

契約前に確認しておきたいデメリットをまとめておきました。

デメリット1.セット割引が適用できない

縛りなしの光回線では、docomoやSoftBankのユーザーはセット割引を適用することができません。

そのため、毎月のネット料金が高くなってしまう可能性があります。

ちなみにセット割引とは、利用している携帯会社が提供する光回線サービスを契約することで受けることができる割引です。(以下の表)

※ auユーザーに関してはDTI光(縛りなし)が対応してくれています。

サービス名 月額料金 セット割引
(最大)
実質月額料金
ドコモ光 4,000円 ー1,000円
× 台数分
3,000円
ソフトバンク光 3,800円 ー1,000円
× 台数分
2,800円

docomo, SoftBankスマホを利用している人はセット割引がお得です。

長期間利用できるのであれば携帯に合わせてサービスを選んでおくことをおすすめします。

なお、格安SIMユーザーは大きなセット割引を受けられないので問題ありません。

デメリット2.キャンペーン特典が少ない。

縛りがあるサービス(契約期間2~3年)と、縛りなしのサービスを比べると、キャンペーン・特典の差が大きいです。

サービス名 契約期間 特典 工事費無料
ドコモ光 2年 20,000円 あり
ソフトバンク光 2年 36,000円 あり
※乗り換えのみ
auひかり 2年 40,000円 あり
ビッグローブ光 3年 26,000円 あり
@nifty光 2年 25,000円 -
OCN光 3年 22,000円 -
DTI光 なし 10,000円
excite光 なし 月額割引
8,340円相当
enひかり なし

基本的に光回線サービスを提供する会社は、長期利用のユーザーを優遇します。

そのため、契約期間や違約金がない光回線ではどうしてもキャンペーンを充実することができないのです。

話しかけるねっぴ先生

そんな中でもお得なキャンペーンを実施するexcite光やDTI光は非常に優秀なサービスだと分かります。

結論:2年以内に解約する可能性があるなら縛りなしがベスト。

縛りなしの光回線は長期契約(2~3年以上)ではあまりおすすめできません。

しかし、もし2年以内に解約してしまうようなケースでも、

  • 月額料金が業界最安値水準
  • サービス選びさえ間違わなければ工事費用の負担が少ない

といったメリットを受けることができる素晴らしいサービスです。

もしみなさんが、

  • 引越しの可能性が高い学生の方
  • 賃貸マンションにお住まいで引越しの可能性がある人
  • 光回線を毎月安くてシンプルな料金で使いたい人

上記のような状況に当てはまるなら、縛りなしの光回線が最も力を発揮してくれるサービスであることは間違いないでしょう。