どうしてレオネットの速度は遅い!?根本的な原因と改善方法を追求した結果。

LEONETの通信速度が遅くて困る女性

レオパレスのネットが遅い…。

有料サービスなのにどうしてここまで遅い?途切れる?

速度を速くしたり、Wi-Fiが途切れないようにするための改善方法があれば知りたい。

レオパレスでは「レオネット」というサービスでインターネット接続ができますが、通信速度が遅い・Wi-Fiが途切れるという状況に悩まされる人は多いと思います。

実はこれ、レオネットの根本的な仕組みが原因になっています。

とくに夜の時間帯になると劇的に遅くなる現象はレオネットの仕組みが大いに影響しています。

後半では、速度改善に関する正しい知識も合わせてお伝えしていきますね。

レオネットの通信速度が遅いのは、配線方式が原因。

レオネットの公式ページでは通信速度は一切公開されておりませんが、レオネットの仕組みを見る限り、速度は100Mbps(最大)だと推測できます。

というのも、レオネットで採用されている仕組みは、マンション内にある設備をみんなで共有する仕組みだからです。

レオネットで使われている回線ケーブル自体が悪いのではなく、共有する仕組みなので通信速度が遅くなります。

ちなみに、業界では「VDSL方式」や「LAN配線方式」と呼ばれています。(下記の表を参考)

配線方式 通信速度(最大)
光配線方式 1Gbps(1,000Mbps)~
VDSL方式 100Mbps
LAN配線方式 100Mbps

※上記は回線業界の権威であるNTTが目安として公表している数値です。

レオネットで採用されている仕組み(配線方式)はオレンジ枠の「VDSL方式」「LAN配線方式」ですが、これら配線方式の通信速度は最大で100Mbpsが一般的です。

一方、今主流のドコモ光やソフトバンク光といったサービスで利用できるのが「光配線方式」で、1Gbpsとなります。

1Gbps=1,000Mbpsですので、今主流のサービスと比べてレオネットの通信速度はたったの10分の1なのです(数字だけの比較)。

配線方式とは?

マンション内の共用スペースにある設備から各部屋まで、どのようにケーブルが繋がれているか(配線されているか)を表す言葉です。

どうして配線方式でここまで違うのか?

配線方式といってもピンとこない人が大半だと思いますので、実際にイラストで見てみましょう。

ちなみに、レオネットが導入されているレオパレスでは「VDSL方式」「LAN配線方式」のどちらも採用されており、物件によってどちらになるかは異なります。

※どちらになっても使える速度は変わらないはずですが、オペレーターに尋ねてみたところ、体感的には「LANケーブルの方が速い傾向にあるかもしれません。モデムを介さないので…。」と仰っていました。

パターン1.VDSL方式のイメージ

VDSL方式(100Mbps)
VDSL方式のイラスト

簡単に言うと、マンションに住む複数の住人が1つの装置(回線終端装置)を共有して利用する仕組みです。

ちなみにお住まいのレオパレス物件がVDSL方式であるかどうか判断する基準は、レオネットでモデムを利用しているかどうかです。

部屋の壁とモデムがケーブルで繋がっていれば、VDSL方式に対応したレオパレスに住んでいますよ。

※ちなみに部屋の壁から伸びるケーブルは、電話線です。LANケーブルではありません。(モデムは電話線による通信を可能にするための機器だからです。LANポートもありますが。)

パターン2.LAN配線方式のイメージ

LAN配線方式(100Mbps)
LAN方式のイラスト

マンションに住む複数の住人が1つの装置(回線終端装置)を共有して利用します。

1つの設備を共有しているという点ではVDSL方式と同じですが、各部屋までつながるのはLANケーブルです。

もし、部屋にモデムがないという人は、こちらのLAN配線方式を採用するレオパレス物件にお住まいだということになります。

どちらの配線方式にせよ、レオネットはみんなで設備を共有するサービス。

2つの配線方式をご紹介しましたが、どちらにせよ、みんなで設備を共有してインターネットを利用することに変わりはありません。

つまり、レオネットを使っているなら1つの設備を共有してインターネットを利用しているので通信速度が100Mbpsまで制限されると考えて頂いてOKです。

1つの設備では処理が追い付かないため、最大で使える速度を制限していると考えられます。

共有することで考えられるもう1つのデメリット

みんなが一斉にインターネットを利用する時間帯(=夜の時間帯や休日)になると、極端にネットが遅いという経験をしたことはありませんか?

レオネットは設備を共有することを前提にしたサービスなので、利用者が集まる時間帯にネットが極端に重くなるのです。

また、レオパレスに住んでいる人は生活リズムが似ていることもあり、ネット利用時間が被ってしまいやすいことも混雑の原因になるかと思います。

逆に、レオネットで快適に通信できている人も多い事実もある。

1つの設備を共有するため、レオパレス内でレオネットを利用する人が少なければ快適に通信ができます。

そもそもLAN配線方式やVDSL方式の100Mbpsという最大速度は混雑しなければ十分快適な数値ですので。

ですので、レオパレス内でどれだけインターネットを利用している人がいるか、というのがポイントになると言えます。

※レオパレスに住んでいる人のほとんどはレオネットを契約するかと思いますので、「混雑しやすい」という結論は変わりません。

一方で、今主流の固定回線サービスは設備を専有して利用可能。

ドコモ光やソフトバンク光といったサービスは聞き覚えがあるかと思いますが、これらのサービスは設備を専有して利用できる特徴があります。

光配線方式(1Gbps~)
光配線方式のイラスト

ドコモ光やソフトバンク光などといった有名なサービスでは各部屋に光回線終端装置(ONU)が設置されるため、各部屋に光回線が1本1本届くようなイメージです。

マンション内の設備を共有するのではなく、一人一人が光回線の設備(ONU)を専有して利用することができるため、通信速度が速いです。

数値で見るとレオネットの10倍ほど、今主流のサービスが速いと言えます。

残念そうな顔をするねっぴ先生

レオネットの品質は無料インターネットと同じです。レオネットについてくるネット以外の付属サービスを利用しない人からしてみれば、有料であることに疑問を感じるかもしれません。

レオネットの速度を改善させる方法はあるか?

できるだけ速度を引き上げたいのであれば、LANケーブルを使って有線接続を行う方法しかありません。

レオネット自体の仕組みを見る限り、部屋で使える速度自体が遅いため劇的に速度が上がることは100%ありませんが、できる限りの改善策です。

できるだけの改善方法を記載しておきますので、気になる方法があれば試してみてください。

改善方法1.有線接続でつなげる。

壁から伸びるLANケーブルを直接パソコンやゲーム機と接続する方法(有線LAN接続)です。

一方で、複数台の機器を繋げたい人は、壁から伸びるLANケーブルにハブを繋げて分岐させて下さい。

また、モデムが設置されているレオパレス物件に関しては、壁ではなくモデムと利用する機器(またはハブ)をLANケーブルで繋げます。

もともとの速度が遅いレオネットではありますが、できるだけ通信速度を最大に活用するためには有線接続が望ましいです。

残念そうな顔をするねっぴ先生

最も簡単で効果的な方法です。

ただ、これで速度が改善しない場合は諦めるしかありません。

改善方法2.Wi-Fiの電波品質を向上させる。

おそらくレオネットでWi-Fiを使っている大多数の人は「ライフスティック(Life Stick)」を使ってWi-Fiを飛ばしているかと思います。

ただ、このライフスティックが原因でWi-Fiでの速度が下がるというのは迷信です。

ライフスティックの性能を見てみましょう。

公式ページでは以下の記載があります。

本機は Wi-Fi ルーター(802.11b/g/n/ac、2.4/5GHz 対応 Wi-Fi 機器を最大 8 台まで接続可能)になる機能を備えており、ご入居者様のスマートフォンをはじめ様々な機器を接続いただけます。

対応規格は「802.11b/g/n/ac」ということですので、ライフスティックが対応する無線LAN規格・通信速度に関しては全く問題ありません。

無線LAN規格 最大速度 周波数帯
IEEE 802.11b 11Mbps 2.4GHz
IEEE 802.11a 54Mbps 5GHz
IEEE 802.11g 54Mbps 2.4GHz
IEEE 802.11n 150Mbps※ 2.4GHz, 5GHz
IEEE 802.11ac 433Mbps※ 5GHz

※アンテナ1本当たりの最大速度で、市販製品を想定。

ですので、通信速度を向上させようとしてライフスティックをWi-Fiルーターなどに変えても意味はありません。

しかし、公式には公開されていませんが、電波を遠くまで飛ばすという面でライフスティックは最適ではありません。(アンテナ数の問題)

ですので、Wi-Fiを使っていて 電波マークが1本や2本に減ることが多いという人は、高性能なWi-Fiルーター(無線LAN)ルーターを準備して改善することが可能です。

※ただし、レオネットでWi-Fiルーターの接続はサポート外です。そのため、ライフスティックが使えなくなったり、ネットを使うたびに認証設定が必要になったり、様々な不便が起こることも視野に入れてください。

教えるねっぴ先生

つまり、もし有線接続を行っても改善しないようであれば、レオネットの速度を改善方法はないと言えます。

※よく、Wi-Fiルーターを使えば速度が速くなるという声もありますが、惑わされないようにしてください。

レオパレスで1Gbps~の光回線サービスを利用することは可能か?

レオネットが無料なら「まぁ遅くても仕方ないか…」と思えますが、一番安いプランで2,100円(税抜)が毎月かかりますね。

プラン名 月額料金
スタンダードプラン 2,100円
プレミアムプラン 3,000円
プラチナプラン 4,200円

それなら、最大1Gbpsの速度が使える光回線サービスを契約した方がはるかにお得で快適ではないか?と思いますよね。

光回線サービス(1Gbps)はマンションタイプで最安3,300円/月ですので。

しかし、現実的には厳しい。

実は、レオパレス物件でレオネット以外の固定回線サービスを契約して利用するためには、一戸建て向けの工事が必要になるうえ、料金も非常に高くなります。

※レオネットが導入されている場合、基本的にマンションに他社の光回線サービスを使うための設備がないのでマンションタイプで契約できないことが理由。

なぜなら、一戸建て向けの工事では電柱を通る光回線を部屋まで引き込んで壁に固定する必要があるからです。

このとき、引き留め金具と呼ばれるものを壁に設置するために、ビス留め(壁に穴を開ける)が必要になることが一般的です。

レオパレス21の公式回答(引き込みに関するお願い)によると、

①工事の際は、建物に傷・穴等を開けないようお願い致します。

②宅内装置などの機器は、退室時に各サービス提供会社に返却頂きお部屋に残置しないようにお願いします。

③建物や共用部等の美観を損ねたり、他のお部屋のご迷惑になるような引き込み工事はお断りする場合があります。

ご不明な点につきましては、『お問い合わせフォーム』よりお知らせいただくか、サービスセンターまでお問合せください。

「レオネットがつかえる物件で光回線の工事はちょっと厳しいよ。」と言っているようなものですね。

これまでの内容
  • レオネットの仕組み自体が遅い。
  • 速度を改善する方法は有線接続のみ。
  • 1Gbps対応の光回線は引けない。

レオネットが遅くて困る人は、どんな対処法を考えている?

疑問を感じる女性

レオネットは遅くて有料なので、その代わりに利用されているサービスを評判を見て調査しました。

機転の利くユーザーは、レオネットの代わりにWiMAXやSoftBank Airを使っていた。

レオネットが導入されているレオパレス物件で他の固定回線サービスの利用は難しいですが、

  • WiMAXのホームルーター
  • SoftBankのホームルーター
    →SoftBank Air

といった人気サービスは、開通工事なしで利用できるサービスなので、レオネットに代わりに利用できます。

※もちろん、開通工事がないのでレオパレスに許可を取る必要はないです。

WiMAXとSoftBank Airは俗にホームルーターと呼ばれるサービス。

サービス 通信速度 月額料金
WiMAX 558Mbps
~ 758Mbps
3,344円※1
SoftBank Air 481Mbps
~ 962Mbps
4,880円
レオネット 100Mbps※2 2,100円

【※】~24ヶ月目までの月額料金 【※2】LAN配線方式の一般的な速度で記載

レオネットと比べて料金は高くなりますが、通信速度の改善が期待できます。

また、引っ越しがあっても継続的に利用できることから、多くのユーザーから人気が上昇しているサービスです。

レオネットの品質に悩んでいる人が注目するサービスなので一度は確認しておきましょう。

※SoftBankユーザー以外は、WiMAXを確認しておけばOKです。

※SoftBankユーザーはSoftBank Airを選ぶと割引が適用できるのでさらに安くなります。