【必見】マンションのVDSL方式を光配線方式(1Gbps)に変更する方法・注意点も解説。

お気に入り

※ 本ページにはプロモーションが含まれます。

マンションで光回線を利用するときに注意したいのが配線方式ですね。

万が一、VDSL方式(100Mbps)になってしまった場合は最大速度が劇的に低下します。

だからといって、料金も安くなるわけではありません…。

そのため、VDSL方式になってしまった人は、光配線方式(1Gbps)に変更したい! と考える人がほとんどだと思います。

当記事はそんな人のために作成しました。

ただし、結論から先にお伝えすると、VDSL方式から光配線方式に変更するのは少しだけ難易度が高いです。

一体どういうことなのか? 初心者の方でも分かるように順番に解説します。

この記事を監修した人
宇治原 聡
回線系Webサービス開発エンジニア
宇治原 聡
2018年に同志社大学文学部を卒業。デジタル領域のインフラである回線関連の正しい情報を発信をするために「ネットピ」に参画。大手回線サービスの販売営業に携わった経験や、法人向けWeb・アプリ開発会社ディレクター経験を活かし、ネット回線のスピードテストを提供するサービスの企画・設計・開発に参画した経歴の持ち主。

ドコモ光|一番お得な特典

無条件最大51,000円キャッシュバック
工事費無料キャンペーン実施中!

今すぐ確認する

通常30,000円キャッシュバックのところ【一番お得な特典ではオプション不要で最大51,000円キャッシュバック】が貰える!

VDSL方式から光配線方式に
変更することはできるのか?

結論としてお伝えすると、VDSL方式から光配線方式に変更することは一応可能です。

ただし、VDSL方式(最大100Mbps)から光配線方式(最大1Gbps~)に変更するのは簡単なことではありません。

光配線方式に変更する方法
※簡単ではない理由も解説

要点からお伝えすると、光配線方式に変更するためには、建物にある設備自体を入れ替える必要があります。

そのため、光配線方式に変更するのは 手間と時間 がかかります。


もう少し詳しく説明します。

実は、マンションの配線方式は建物に導入されている設備によって決まっています。

たとえば、

  • VDSL方式のマンションでは、VDSL方式の設備が導入されている
  • 光配線方式のマンションでは、光配線方式の設備が導入されている

といった感じです。

具体的には、以下のようなイメージです。

VDSL方式の設備(光ファイバ・VDSL設備・電話線)
※VDSL設備:「集合型回線終端装置」および「VDSL集合装置」
光配線方式の設備(光ファイバ・光スプリッタ・光ファイバ)

配線方式によって、建物に導入されている設備が異なることが分かります。

そのため、お住まいのマンションでVDSL方式だと判定されたのであれば、あなたが住んでいるマンションにはVDSL方式の設備が導入されていることになります。

そのようなマンションで光配線方式を利用するためには、建物全体に光配線方式の設備を導入する必要があるのです。

光配線方式を利用するためには、マンション規模での工事が必要になる。

マンション関係者のイラスト

光配線方式の設備を導入するには、マンション規模での工事が必要になります。

具体的には、

  • マンションの各部屋まで光ファイバを配線するための物理的なルート(配管など)を整える工事
    ※ マンション側が実施
  • 光配線方式に必要な設備(光スプリッタ等)を共用部分に設置する工事
    ※ 回線事業者(NTT等)が実施

といったように、大規模になります。

必ずマンション側(オーナー・管理会社 or 管理組合)に依頼して、対応してもらう必要があります。

現実的に考えると、VDSL方式から光配線方式に変更するのは難しいのが現状です。

※VDSL方式から光配線方式に変更するまでの手順は後に解説します。

VDSL方式になった人が
検討している3つの選択肢

VDSL方式の最大速度は100Mbpsと遅く、光配線方式(1Gbps)と比べて月額料金も変わらないのでコスパが悪いのは明らか。

※ 1Gbps = 1,000Mbps

そこで、VDSL方式になった人が検討している選択肢を調査してみました。

結果、以下3つの選択肢が検討されていることが分かりました。

VDSL方式になった場合に検討されている3つの選択肢

  1. マンションのVDSL方式を光配線方式に変更
  2. ファミリータイプの光回線
  3. ホームルーター

VDSL方式よりも良い選択肢があるかどうか、確認していきましょう。

※VDSL設備の他、ケーブルテレビ回線によるインターネット接続サービスが利用できる場合はそちらも検討してみてください。当章では割愛します。

選択肢1.
マンションのVDSL方式を
光配線方式に変更
難易度が高い

先ほど解説した通り、難しいとは言ってもマンションの配線方式自体を「VDSL方式」から「光配線方式」に変更するのは不可能ではありません。

もし、数十年に渡ってマンションに住む予定があるなら、VDSL方式から光配線方式への移行をマンション側に提案するといった選択肢を検討してみても良いでしょう。

マンションでVDSL方式から光配線方式に変更する方法

  • 賃貸なら、管理会社もしくはオーナーへ相談
  • 分譲なら、管理組合で決める ※総会で提案を出す

なお、この選択肢に関する詳細は長くなるので後に回します。

選択肢2.
ファミリータイプの光回線
難易度が少し高い

“回線品質には拘りたいから、何とかして1Gbpsの光回線を利用したい…!”

そんな人に検討されているのが「ファミリータイプの光回線」です。

なぜなら、ファミリータイプの光回線を契約すれば、必ず最大1Gbpsで利用することができるからです。

ファミリータイプの光回線なら、マンションの配線方式に影響されることはありません。

ファミリータイプの光回線とは?

光回線のプランは大きく分けて「マンションタイプ」「ファミリータイプ」の2種類が存在していることはご存じでしょうか?

このうち、「マンションタイプ = 集合住宅」というイメージが強いかもしれません。

しかし、厳密には集合住宅だからと言ってマンションタイプを契約しなければならないというわけではありません。

実は、集合住宅(マンション)でも、ファミリータイプを契約することができます。

逆に、状況によってはマンションに住んでいてもファミリータイプをおすすめされることもあるぐらいです。

マンションタイプとファミリータイプの違い

マンションタイプとは、共用部分に導入されている1つの回線設備を住人のみんなで共同利用(シェア)するタイプです。

【マンション】マンションタイプにおける光回線の仕組み(みんなで共用部分にある1つの光回線設備をシェアしている)

ちなみに、VDSL方式になるのはマンションタイプを選んでいることが根本的な原因になっています。

建物内にVDSL方式の設備が導入されていて、その設備を住人みんなでシェアして利用するのが、「マンションタイプ(VDSL方式)」です。


一方で、ファミリータイプとは、電柱側から光ファイバケーブルを個別に引き込んでサービスを利用するタイプです。

【マンション】ファミリータイプにおける光回線の配線・仕組み(外から部屋に光回線を個別に引き込む)

上記のように、マンションでファミリータイプを契約した場合は、電柱側からあなたの部屋まで1本の光ファイバケーブルが引き込まれます。

そのため、マンション内の配線方式(VDSL方式など)に縛られることは一切ありません。

ファミリータイプはマンションタイプとは違い、配線方式という概念が存在しないからです。

しかし、実際には難易度が少し高い!

実は、ファミリータイプの光回線は一定の条件を満たさなければ開通工事ができないので注意が必要です。

一定の条件とは、「立地に問題が無い」「高層階ではない(電柱の高さを超えないぐらい)」「マンション側から許可が下りている事」などが挙げられます。

この中でも賃貸・分譲問わず意識しなければならないのは、「マンション側から許可が下りている事」です。

なぜなら、ファミリータイプの工事は多くのケースで外壁にビス留め(穴をあけてネジで留める)をするからです。

そのため、事前にマンション側に工事の許可を取る必要があります。

このような背景を考えると、光配線方式への願望が非常に強い人だけがマンションでファミリータイプを検討すべきだと考えられます。

既にVDSL方式が使えるマンションなのであれば、初心者の方がわざわざファミリータイプを契約するのはオススメできません。

なお、マンションでファミリータイプを契約することのデメリット・注意点・条件は他にもあります。

実際にマンションでファミリータイプを契約した経験も踏まえ、詳しくまとめているので気になる人は確認してみてください。

選択肢3.
ホームルーター

VDSL対応物件に住んでいる場合、最も現実的で有力な候補として挙げられているのがホームルーターです。

代表的なホームルーター(WiMAX、home5G、SoftBankAir)

ホームルーターの特徴

  1. 工事不要でカンタン
    届いたホームルータ(端末)をコンセントに挿すだけで利用可能です。 ※光回線で必要になる開通工事などは不要。
  2. 利用開始までが早い
    最短即日でホームルーターが発送され、自宅に端末が届けばすぐに使い始めることができます。
  3. 省スペース&配線スッキリ
    固定回線と比べて使用する機器が少ないため、場所を取らずに配線も少ないです。
  4. 高速インターネットが使い放題
    一般的な利用用途なら困ることがほとんど無いぐらいの通信速度が出ます。また、インターネットは使い放題(データ通信量の制限無し)です。
  5. 従来の光回線よりも速いダウンロード速度
    マンションでよくみられる最大100Mbpsに制限された光回線と比べて、ホームルーターのダウンロード速度は速くなる傾向があります。

ちなみに調査したところ、ホームルーターの中でも高速通信ができる「home5G」なら、ダウンロード速度の実測平均が100Mbpsを超えるというデータがあります。

電話線を使用するVDSL方式が最大100Mbpsであることを考えると、ホームルーターはVDSLよりも速いと考えることができます。

光配線方式(最大1Gbps)のマンションに住んでいる人でもホームルーターを検討する人は多いです。

※ホームルーターはマンションの設備に影響されません。そのため、提供エリア内に住んでいる人なら誰でも契約できます。

VDSLよりも高速
工事不要で高速WiFiが使い放題!

なお、代表的なホームルーターは以下3つのサービスです。

docomoユーザー
におすすめ!
au・UQユーザー
におすすめ!
SoftBank
Y!mobileユーザー
におすすめ!
ドコモhome5GのロゴWiMAX+5GSoftBankAir
home 5G HR02
HR02
Speed Wi-Fi HOME 5G L13
Speed Wi-Fi
HOME 5G L13
Airターミナル5
Airターミナル5
確認する 確認する 確認する
通信
速度
ダウンロード
147Mbps
ダウンロード
171Mbps
ダウンロード
104Mbps
月額
料金
4,950円/月【1~12ヶ月目】
4,554円/月
【13ヶ月目~】
5,104円/月
【1~6ヶ月目】1,980円/月
【7ヶ月目~】
5,368円/月
スマホ
セット
割引
毎月1,100円割引
対象:docomo
毎月1,100円割引
対象:au、UQ mobile
毎月1,100円割引
対象:SoftBank
毎月1,650円割引
対象:Y!mobile
端末
代金
71,280円
実質無料
27,720円
※月額料金に含む
71,280円
実質無料
契約
特典
Amazonギフト券20,000円分
最大41,000円キャッシュバック
30,000円キャッシュバック
詳細さらに表示さらに表示さらに表示
※ダウンロード速度は2023-10-12時点で直近3ヶ月に計測された実測値(参考元:みんなのネット回線速度

VDSL方式の人が検討したい
3つの選択肢まとめ

選択肢難易度補足
ホームルーター誰でも可VDSL方式になった人は初めに注目したい選択肢です。
ファミリータイプ
の光回線
やや難しいある程度の条件を満たす必要があります。
VDSL方式を
光配線方式に変更
非常に難しい賃貸ならオーナーの賛同が必須。分譲なら住人の賛同が必須になります。また、配線方式の変更までに1年以上かかる可能性が高いです。

結論としては、VDSL方式になったらまず初めにホームルーターを検討するのが一番良いです。

最も早くて手っ取り早い対処法なので、これで満足できれば最高です。


一方で、もしホームルーターに満足できない場合はファミリータイプの光回線を検討します。

ただし、ファミリータイプの光回線は一定の条件を満たさなければ開通工事ができないので注意が必要です。

一定の条件とは、「立地に問題が無い」「高層階ではない(電柱の高さを超えないぐらい)」「マンション側から許可が下りている事」などが挙げられます。

この中でも賃貸・分譲問わず意識しなければならないのは、「マンション側から許可が下りている事」です。

なぜなら、ファミリータイプの工事はほとんどのケースで外壁にビス留め(穴をあけてネジで留める)をするからです。


一番最後に、マンションのVDSL方式を光配線方式に変更することを検討しましょう。

なお、マンション自体の配線方式を変更することはオーナーや住人全員に関係する話になるので、必然的に難易度が高くなります。

また、光配線方式が実際に利用できるまでは1年以上かかることが多いらしく、ある程度の忍耐力と覚悟が必要です。

最後に、難易度が最も高い「マンションのVDSL方式を光配線方式に変更すること」について詳しく解説していきます。

VDSLよりも高速
工事不要で高速WiFiが使い放題!

マンションでVDSL方式から
光配線方式に変更するまでの手順

VDSL方式から光配線方式に変更する手順は以下の通りです。

VDSL方式から光配線方式に変更する手順

  1. 住人がマンション側(オーナー・管理組合など)へ相談・依頼する
  2. マンション側が回線事業者(NTT)に連絡する
  3. 建物に光配線方式に必要な設備を導入する(マンション側&NTT)
  4. 住人がVDSL方式から光配線方式に変更する

実際にやることは、1と4の手順になります。

手順1.
住人がマンション側へ
相談・依頼する

マンションの管理者に電話する住人

賃貸マンションに住んでいるなら、オーナーもしくは管理会社に相談します。

分譲マンションに住んでいるなら、管理会社や管理組合に相談してください。

※この段階でNGが出る可能性も

光配線方式を導入できない理由があって、代わりにVDSL方式の設備が導入されている可能性があります。

そのため、場合によってはすぐに断られることもあります。

手順2.
マンション側が
回線事業者(NTT)に連絡する

回線業者に電話するマンションの管理者

マンション側から回線事業者(NTT)に連絡・相談を行います。

そして、回線事業者(NTT)からマンション側に説明やヒアリングが実施されます。

話が進んだ場合、NTTによるマンションの現地調査が行われたり、光配線方式を導入して収益化できるか等の評価が実施されるそうです。

※この段階でNGが出る可能性も

調査の結果、NTT側の都合でNG出る場合があります。

マンション側の設備が問題でNGが出た場合は、足りない設備をNTTから教えてもらえるのでマンション側が対応すれば再調査してもらえるそうです。

手順3.
光配線方式のための設備を導入する
(マンション側&NTT)

光配線方式の設備(配管・光スプリッタ/光ファイバ)

マンション側は光ファイバを配線するための物理的なルート(配管)を整える必要があります。⇒ この費用はマンション側の負担

そして、光ファイバの配線ルートが整った後は、NTTが光配線方式のための設備を導入します。

具体的には、建物に光ファイバを引き込んだり、光配線方式に必要な設備(光スプリッタ等)を設置したりします。⇒ この費用はNTT側の負担

※この段階でNGが出る可能性も

もし、マンション側に配管などの設備が足りない場合はマンション側で別途工事が必要になります。

しかし、工事にかかるコストの問題でオーナーや管理組合がNGを出す場合があります。

手順4.
住人がVDSL方式から光配線方式に
タイプ変更できるようになる

VDSL方式から脱却して感極まる男性

光配線方式の設備が導入されたら、ようやくVDSL方式から光配線方式へ契約タイプを変更することができます。

※タイプ変更(品目変更)と呼ばれる手続きが必要になります。

なお、タイプ変更(品目変更)に伴い、契約者の部屋で工事が必要になります。

※この工事はマンションに導入された光配線方式の設備(光スプリッタ)と、あなたの部屋を接続する工事です。⇒ 工事費用は住人負担

タイプ変更に伴う工事費用はサービスによって異なりますが、22,000円以上かかることが一般的なので知っておきましょう。

VDSLよりも高速
工事不要で高速WiFiが使い放題!

マンションに配管がなければ、光配線方式に変更できる確率がグンと下がるので注意。

VDSL方式から光配線方式に変更できるかどうかは、配管の有無で決まるといっても過言ではありません。

なぜなら、配管が備わっていない場合は95%の物件オーナーが光配線方式を導入したくないと回答しているからです。

※配管の有無 = マンションの建物に光ファイバを配線するためのルート(配管)があるかどうか

引用:VDSL設置物件での光配線方式の導入意向の円グラフ(東日本電信電話株式会社、西日本電信電話株式会社提出資料(第2回会合)より抜粋)
引用元:インターネットトラヒック研究会 報告書(別紙2)|総務省

ちなみに、NTTの統計データによると、64%の物件では光ファイバのための配管が備わっていないことも明らかになっています。

64%のマンションには光ファイバを配線するための配管が無い
36%のマンションには光ファイバを配線するための配管がある

ちなみに、物件オーナーが光配線方式を導入したくないと答えた理由は以下の通りです。

  • 光ファイバの配線ルート(配管等)を整えるのに費用がかかる
  • 新たに配管を設置することで建物の美観を損ねるリスクがある

過半数のマンションでは配管が無いことから、VDSL方式から光配線方式への変更ができるマンションは限られてきます。

VDSLよりも高速
工事不要で高速WiFiが使い放題!

人気ホームルーターは「NTTドコモ」や「KDDIグループ(UQコミュニケーションズ)」「SoftBank」といった大手企業によって提供されているサービスなので安心です。

ドコモユーザーなら間違いない!

ドコモhome5Gのロゴ

最高品質のホームルーター

提供元NTTドコモ
月額料金4,950円
端末代金71,280円
⇒ 実質0円
平均速度
(※1)
実測221Mbps
契約特典Amazonギフト券20,000円分
・端末代金実質無料(月々サポート)
・他社ホームルーター回線の解約金還元
・新生活応援キャンペーン(dポイント5,000pt)
スマホ
セット割
毎月1,100円割引(最大)
対象:ドコモユーザー
※1:参考元「ドコモ home 5Gの通信速度レポート※直近3ヶ月に計測された12082件|みんなのネット回線速度」におけるダウンロード速度の実測値平均(2023-03-17時点)
実質的な支払い額:3,350円 / 月

home 5G」を3年間利用することを想定して算出された実質的な支払い額/月です。

※「実質的な支払額/月」:通常支払うべき月額料金(36ヶ月分)に端末代金を合算し、適用可能な契約特典(月額割引、キャッシュバック、端末代割引)を差し引いて算出された合計を36(ヶ月)分割した料金を指します。

なお、表中に記載のドコモスマホのセット割引も含めています。

「home 5G」はNTTドコモが提供するホームルーターを使ったサービスです。

無線(WiFi)はもちろん、有線でもインターネットが使い放題です。

home 5G HR02
利用できる端末(home 5G HR02)の写真

home 5Gで利用できるホームルーター(端末)は最新の無線LAN規格(Wi-Fi6)に対応しており、同時接続台数が66台の高スペック端末です。

※端末代金は実質無料

そして、最大のメリットは「ドコモユーザーへの割引」と、「通信速度の速さ」にあります。

home 5Gの最大のメリットはコレ!

  • 他社ホームルーターよりも通信速度(実測値)が速い
  • ドコモスマホの月額料金が最大1,100円も割引!(home 5G セット割)

結論から言うと、ドコモユーザーがホームルーターを契約するなら「home 5G」を選んでおけば失敗しません。

Amazonギフト券
20,000円分がもらえる!
今すぐ確認する

auユーザーなら間違いない!

WiMAX+5G

コスパ抜群でちょうど良い!

提供元UQコミュニケーションズ
(KDDIグループ)
月額料金【1 – 12ヶ月目】4,554円
【13ヶ月目~】5,104円
端末代金月額料金に含む
平均速度
(※1)
実測127Mbps
契約特典最大41,000円キャッシュバック
・35ヶ月利用で44,639円月額値引き
スマホ
セット割
毎月1,100円割引(最大)
対象:auユーザー
毎月1,100円割引(最大)
対象:UQ mobileユーザー
※1:参考元「Speed Wi-Fi HOME 5G L11の通信速度レポート※直近3ヶ月に計測された1584件|みんなのネット回線速度」におけるダウンロード速度の実測値平均(2023-03-17時点)
実質的な支払い額:3,148円 / 月

WiMAX+5G ホームルーター」を3年間利用することを想定して算出された実質的な支払い額/月です。

※「実質的な支払額/月」:通常支払うべき月額料金(36ヶ月分)に端末代金を合算し、適用可能な契約特典(月額割引、キャッシュバック、端末代割引)を差し引いて算出された合計を36(ヶ月)分割した料金を指します。

なお、表中に記載のauスマホのセット割引も含めています。

「WiMAX+5G」は累計契約者数3760万を突破する “超” が付く大人気のサービスで、KDDIグループのUQコミュニケーションズによって提供されています。

月間のインターネット利用量は使い放題で、無線(WiFi)はもちろんのこと、有線によるインターネット接続も可能です。

Speed Wi-Fi HOME 5G L13
実際に利用できるホームルーターの写真

WiMAX+5Gのホームルーター(端末)は最新の無線LAN規格(Wi-Fi6)に対応しており、WiFi同時接続台数は32台となります。

そして、最大のメリットは「auおよびUQ mobileユーザーへの割引」と「コスパの良さ」にあります。

WiMAX+5Gの最大のメリットはコレ!

  • キャンペーンが充実しているから実質的に他社より安い!
  • auスマホの月額料金が最大1,100円割引!(auスマートバリュー)
  • UQ mobileの月額料金が最大1,100円割引!(自宅セット割)

結論から言うと、auユーザー(もしくはUQ mobileユーザー)がホームルーターを契約するなら「WiMAX+5G」を選んでおけば失敗しません。

最大41,000円
キャッシュバックがもらえる!
今すぐ確認する

SoftBankユーザーおすすめ!

SoftBankAir

SoftBankユーザーはコスパ抜群!

提供元SoftBank
月額料金【1 – 6ヶ月目】1,980円
【7ヶ月目~】5,368円
端末代金71,280円
⇒ 実質0円
平均速度
(※1)
実測96Mbps
契約特典30,000円キャッシュバック
・端末代金実質無料(月月割)
・月額料金6ヶ月割引
・違約金、撤去工事費 最大10万円還元
スマホ
セット割
毎月1,100円割引(最大)
対象:SoftBank ユーザー
毎月1,650円割引(最大)
対象:Y!mobile ユーザー
※1:参考元「ソフトバンクエアー × Airターミナル5の通信速度レポート※直近3ヶ月に計測された9055件|みんなのネット回線速度」におけるダウンロード速度の実測値平均(2023-03-17時点)
実質的な支払い額:2,870円 / 月

SoftBank Air」を3年間利用することを想定して算出された実質的な支払い額/月です。

※「実質的な支払額/月」:通常支払うべき月額料金(36ヶ月分)に端末代金を合算し、適用可能な契約特典(月額割引、キャッシュバック、端末代割引)を差し引いて算出された合計を36(ヶ月)分割した料金を指します。

なお、表中に記載のSoftBankスマホのセット割引も含めています。

SoftBankはホームルーター業界における先駆者です。

他社に先駆けてホームルーター(SoftBank Air)の提供を開始し、今では推定290万契約を突破する人気サービスになりました。

なお、無線(WiFi)はもちろん、有線でもインターネットが使い放題です。

SoftBankのホームルーター
利用できる端末(Airターミナル5)の写真

SoftBank Airのホームルーター(端末)は最新の無線LAN規格(Wi-Fi6)に対応しており、同時接続台数が最大128台の高スペック端末です。

※端末代金は実質無料

そして、最大のメリットは「SoftBankおよびY!mobileユーザーへの割引」と「コスパの良さ」にあります。

SoftBank Airの最大のメリットはコレ!

  • キャンペーン充実度が凄い!
  • SoftBankスマホの月額料金が最大1,100円割引!(おうち割光セット)
  • Y!mobileの月額料金が最大1,650円割引!(おうち割光セット A)

結論から言うと、SoftBankユーザー(もしくはY!mobileユーザー)がホームルーターを契約するなら「SoftBank Air」を選んでおけば失敗しません。

オプション不要&最短2ヶ月で
30,000円キャッシュバックがもらえる!
今すぐ確認する
docomoユーザー
におすすめ!
au・UQユーザー
におすすめ!
SoftBank
Y!mobileユーザー
におすすめ!
ドコモhome5GのロゴWiMAX+5GSoftBankAir
home 5G HR02
HR02
Speed Wi-Fi HOME 5G L13
Speed Wi-Fi
HOME 5G L13
Airターミナル5
Airターミナル5
確認する 確認する 確認する
通信
速度
ダウンロード
147Mbps
ダウンロード
171Mbps
ダウンロード
104Mbps
月額
料金
4,950円/月【1~12ヶ月目】
4,554円/月
【13ヶ月目~】
5,104円/月
【1~6ヶ月目】1,980円/月
【7ヶ月目~】
5,368円/月
スマホ
セット
割引
毎月1,100円割引
対象:docomo
毎月1,100円割引
対象:au、UQ mobile
毎月1,100円割引
対象:SoftBank
毎月1,650円割引
対象:Y!mobile
端末
代金
71,280円
実質無料
27,720円
※月額料金に含む
71,280円
実質無料
契約
特典
Amazonギフト券20,000円分
最大41,000円キャッシュバック
30,000円キャッシュバック
詳細さらに表示さらに表示さらに表示
※ダウンロード速度は2023-10-12時点で直近3ヶ月に計測された実測値(参考元:みんなのネット回線速度

基本的には利用しているスマホ会社に合わせてサービスを選べば失敗しません。

スマホのセット割引なしの場合は?

総合的に見て一番コスパが良くて圧倒的な契約者数を誇る「WiMAX+5G」を選べば失敗しません。

ただし、オンラインゲームやビジネスで頻繁にネットを利用する人なら、(料金は少し上がりますが)home5Gを選べば後悔しないでしょう。

一般的な利用用途なら「WiMAX+5G」の通信速度でも快適に利用できますが、どちらかというと「home5G」の方が実際の通信速度(平均値)は速いというデータが出ています。

ドコモユーザーなら
ドコモhome5Gのロゴ
ドコモユーザーなら選べば失敗しない
 └ ドコモのスマホ料金が最大1,100円割引


Amazonギフト券20,000円分
・端末代金実質無料(月々サポート)
・他社ホームルーター回線の解約金還元
・新生活応援キャンペーン(dポイント5,000pt)

今すぐ確認する
au・UQユーザーなら
WiMAX+5G
au・UQユーザーなら選べば失敗しない
 └ au・UQのスマホ料金が最大1,100円割引

最大41,000円キャッシュバック
・35ヶ月利用で44,639円月額値引き

今すぐ確認する
SoftBank・Y!mobileなら
SoftBankAir
▶ SoftBank・Y!mobileなら選べば失敗しない
 └ SoftBankのスマホ料金が最大1,100円割引
 └ Y!mobileのスマホ料金が最大1,650円割引


30,000円キャッシュバック
・端末代金実質無料(月月割)
・月額料金6ヶ月割引
・違約金、撤去工事費 最大10万円還元

今すぐ確認する
関連する記事
光回線の選び方|マンション編
光回線の選び方|一戸建て編
auユーザー向け|マンション編
auユーザー向け|一戸建て編
UQユーザー向け|マンション編
UQユーザー向け|一戸建て編
セット割なし向け|マンション
UQユーザー向け|一戸建て編
関連するキーワード
特集記事
工事不要のホームルーター